英語耳、英語脳は本当にあるのか。1歳9ヶ月の発音は完全に日本語!

英語耳

赤ちゃんは、どの国の言葉でも聞き取る力があり、次第に身の回りで使われている音しか聞き取れなくなる。

と同時に、発音も触れてきた言葉でしか、正確に発音できなくなる。

英語耳、英語脳などと言われますが、それっていつまで??

英語に触れさせるのは早ければ早いほど良いのか??

まずは日本語(母国語)の土台をしっかり作ってから、第2言語に取り組むほうが良いのでは??

こーくんを育てるまでは、英語耳、英語はいつからすべきか、根拠や確信なくどっちが良いのだろう〜、と迷っていました。

でもね、こーくんが1歳9ヶ月になったとき。あぁ、この子の発音は今、完全に日本語なんだ、と悟ったんです。

スポンサーリンク

1歳9ヶ月の英語耳

1歳9ヶ月、言葉もたくさん出てきて、3語文もものすごいバリエーションで話すようになり、私が言ったことを何でも真似するように。

例えば、ニュースを観ながらこんな会話

私:「今日は、男の子とお母さんが川でおぼれちゃったんだって」

息子:「きょう、おかあさん、かわでぇ、おぼれちゃった?」

私:「そうだよ。川で遊ぶのは楽しいけど、前の日に大雨が降ったりすると、水流が強くなって、川も危なくなるんだよ」

息子:「かわぁ、あめぇ、ふったぁ。すいりゅう?あぶない?」

私:「うん。水流ね。でも、ちゃんと救助隊の人が助けてくれて、お母さんたちは助かったんだって。」

息子:「きゅうじょたい?」

私:「救助隊だよ。あぶないことがあったときに、助けに来てくれる強い人達だよ」

息子:「きゅうじょたーい!」

初めて聞く単語(それも熟語に反応することが多いのですが)は、おうむ返しをしてきます。

私の言葉を真似する、というのが好きなよう。

これって、私が英語で言えば、英語で同じことをリピートしてくれるってことよね?

一時期、私自身が「おうち英語」「家庭でできる英語育児」に興味を持っていて、日本語と英語の両方で話しかけたりしていたのですが、久しぶりに英語も交えてコミュニケーションを取ってみたのです。

ちょうど、ニュースで船の映像が流れていたので

私:「船が動いてるねぇ。船で、溺れた人を捜索しているんだよ。船だよ。Ship!」

息子:「ふね。しっぷ!」

このときのこーくんの「しっぷ」は、完全に日本語発音の「しっぷ」なんです。

私は子音の”p”で音を止めているのですが、こーくんは明確な「ぷ」の音を。

あらあら、日本人の英語だわ、こりゃ。

その後試しに”cup”や”potato”など指差しながら英単語をいくつか言ってみましたが、

彼の発音はどれも日本語読み。「かっぷぅ!」「ぽてぇーとぉ!」

子音で単語が終わる音、英語でよくある二重母音「ei」や「ou」の音は全く真似できないんですね。

本当に典型的な日本人の片言英語って感じで。

1年9ヶ月で、おおかた言語の聞き取り・発音の脳回路はできてしまうみたいです。

英語は早ければ早いほど良い、というのはこういうことなんだろうな、実感した出来事でした。

といっても、まだまだ耳も脳も柔らかい時期。今からでも適切に環境づくりをしてやれば、流暢な英語はしゃべれると信じています。

英語に触れる機会を増やしていこう、と思っています。

________________
長男が1歳11ヶ月から始めたDWE・ディズニー英語システムに関連する記事の一覧です。
DWEの活用方法や英語教育に関することなど、まとめて見られます。随時更新予定です♪
DWE・ディズニー英語システムのブログ記事まとめ

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へにほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へにほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ

スポンサーリンク

ツイッターのフォローボタン
日頃感じていること、子育ての様子をツイートしています♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

感想・質問をお書きください

名前の欄はニックネームで構いません。また、コメントはスパム防止のため、承認制となっています。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください