1歳4ヶ月のおむつなし育児。トイレトレーニング経過

補助便座

前回の記事(1歳3ヶ月のおむつなし育児近況。補助便座でトイレトレーニング開始)の続きです。

スポンサーリンク

1歳4ヶ月のトイレトレーニング

トイトレの開始から12日目に、ついにおしっこの成功。

その後、声をかけても自分からは座りませんでした。

しかし、15日目(2/25)、「シールで遊ぼう。トイレに行こう」と言って抱き上げ、補助便座に座らせると、初めてうんちが!

拍手して、歓喜の声をあげる私。

なんだか照れくさそうに、普段はあまり見せない表情でもじもじっとするこーくん。

私が大喜びしているのは、完全に伝わっています。

何十秒か遅れて、自分でもパチパチと手を叩き、その後シールでしばらく遊びました。

■17日目(2/27)
うんち成功

■19日目(3/1)
お風呂上がりにトイレのドアが開いていて,シールブックをしたがって自分から補助便座に座り、おしっこ成功。

■22日目(3/4)
うんち3回目成功

その後も、

3/8、3/11、3/12、3/15

と、自分から座りたがっておしっこに成功しています。

どの日も、成功したのは1日1回。座ったのも、1日1回です。

「今はシールブックがしたいから、補助便座に座る」という感じで、おしっこをトイレで出来たら気持ちがいい、というわけではないようです。

それでも、自分から座って、おしっこが出ると毎回感動してしまいます。

3月からは小さいノートを用意して、トイレの記録をつけ始めました。

トイレに座った日付けと時間、状況を簡単にメモ。

おしっこかうんちがトイレでできたら、このノートにこーくんはシールを貼れます。

トイトレをして感じること

最近、こーくんを育てる上で感じるのは、ドヤ顔のできる子になってほしいな、ということ。

出産するまでや、こーくんが0歳のときにはそんなこと微塵も思っていませんでした。

親が大げさに子どもを褒め称え、親の期待に応えたいがために何かを頑張る子ども、という親子関係にものすごく抵抗があったんです。

親に褒められるから、親を喜ばせたいから、という動機で動く子にはしたくないな、と。自分が楽しいから、自分がやりたいから、何かに熱中できるんだと思っていました。

そんな考えが、この頃変わってきたんです。

こーくんが、私に褒められるのがたまらなく嬉しい、というような関係になりたい。

これからどんどん、生活習慣や、人間関係、社会での振る舞いを学んでいく。人として、きちんと社会の中で生きていけるように躾けなくてはならない。

「しつけ」を考えた時、何でもかんでも子どものしたいように、やりたいことをさせるわけにはいけない。

そこで、親に叱られるから、親に怒られるから、やらない

のではなく

こうすれば、親がほめてくれる、親が喜んでくれる

というモチベーションで、学ぶべきことを学んでほしい。

ママを喜ばせたい、ママに褒めてもらいたい、ママに認めてもらいたい、という強い気持ちのつながりがある方が、子育ては楽しく、うまくいくんじゃないかなぁと。

もちろん、小学生とか中学生になってもそれだけじゃぁダメですけどね。

ということで、1日か2日に1回補助便座に座るだけのゆるやかなペースですが、おむつなし育児、トイレトレーニング進めています。

いつも応援クリックありがとうございます♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へにほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へにほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ

スポンサーリンク

ツイッターのフォローボタン
記事更新のお知らせなどをツイートしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

感想・質問をお書きください

名前の欄はニックネームで構いません。また、コメントはスパム防止のため、承認制となっています。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)