【2歳差育児の日常】長男を怒ってしまうことって多いよね

おはようございます、ちゃこです(*^^*)

今朝はこんなことがありました。

まーくんはつかまり立ち、伝い歩きをマスターしておやつを食べるこーくんを見ると必ず手を出しに行きます。

我が家は食卓が座卓なので、こーくんは牛乳パックで作ったイスに座って食事。

隣からまーくんが手を出すと「来ないで!こーくんが食べてる!!」と怒ります。

普段から、「怒ってもいいよ。怒ってもいいけどドンしたり叩いたらいけないよ」と伝えていて、基本見守るスタンス。

こーくんの「だめぇーーーー!!!あっちに言って!!」の剣幕に恐れをなしてまーくんが手を止めるか

怒声を全く気にせず食べ物を奪いにくるまーくんに「ママ!まーくんどかして!助けて!」とこーくんがヘルプを出すか

どちらかで問題が解決します。ヘルプが出たら私がまーくんをおんぶ。

でも今朝は、ゴッチーンという大きな音と、ぎゃあぁぁぁ!!!というまーくんの泣き声が。

朝の支度に夢中になっている間に、こーくんが思いっきりまーくんを突き飛ばしてしまいました。

別の部屋にいた夫が慌ててやってきて「どうしたの?」と聞くので

「こーくんがまーくんのこと突き飛ばしたんだ」と伝えたのですが

こーくん「爪が痛かったの!!まーくんが取ろうとしたの!」とお怒り。

そういえば「まーくんの手があたった!爪が痛いよ!ママ!痛かった!!」ってこーくん言ってたな。

それを無視して二人を放置してた。

余裕があるときなら「手があたって爪が痛かったんだね、こーくんのご飯、まーくんが食べようとするんだね」と共感し

まーくんには「こーくんのご飯が気になるね、触りたいんだね。まーくんのご飯は用意してるから取らないでね」と言っておんぶしてたはず。

思いっきり頭から倒れたまーくんを見てとっさに「突き飛ばしたら危ないでしょ!!」と怒ってしまったけれど

彼には彼の理由があったんだよな、と反省。

まーくんが泣き止んで落ち着いたあと

「爪があたって痛くて嫌だったんだね。
ママがまーくんをおんぶすればよかったね。
突き飛ばしたら危ないからね。
突き飛ばさないで、ママにまーくんのことおんぶしてって言ったら良いんだよ
気づかなくてごめんね。」

と謝りました。

兄弟喧嘩は覚悟しているけれど、まだまだ圧倒的にまーくんの方が弱い立場にあって

こーくんのストレスが弱者であるまーくんに暴力という形で流れることは度々あり

わざと足を踏んだり、突き飛ばしたり、上に乗っかったりする場面では

危ない、かわいそうの感情が先立ちます。

結果「だめ!!!危ない!なんでそんなことするの!!」と感情的に大声を出してしまうのですが

あんまり上手くないやり方だなとテンションが下がります。

親の感情コントロールって大切ですね。日々修行です(*´∀`)

#こーくん2歳10ヶ月
#まーくん0歳10ヶ月

今日もお読みくださりありがとうございます。素敵な1日を♪

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へにほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へにほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ

スポンサーリンク

ツイッターのフォローボタン
日頃感じていること、子育ての様子をツイートしています♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

感想・質問をお書きください

名前の欄はニックネームで構いません。また、コメントはスパム防止のため、承認制となっています。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください